【レビュー】コールマンファイアーディスク ソロ(焚火台)

山とキャンプ

キャンプで焚火をしたい!今までは友人の焚火台に頼っていたのですがやっぱ自分のが欲しくなって購入に至りました。

購入したのは以前から目を付けていた「コールマンのファイアーディスク ソロ」です。ファイアーディスクには一回り大きいものもありますが、小さいサイズの「ソロ」を選びました。

今回はコールマンのファイアーディスク ソロを選んだ理由と実際に使ってみたレビュー(感想・評価)を述べたいと思います。焚火台選びの参考になれば幸いです。

この記事の内容
  • ファイアーディスクを選んだ理由
  • 小さいサイズの「ソロ」を選んだ理由
  • キャンプ場で使ってみた感想・評価

総評:個人的には大満足!ただしクルマに積む余裕があって、オートキャンプメインならば一回り大きい普通サイズを選んだ方がいいかも。

コールマンファイアーディスクを選んだ理由

焚火台に求めるもの

焚火台に求めるものは人によって違うと思いますが私が求めるのは以下です。

  • 組み立てと片付けが簡単なこと
  • 頑丈であること

組み立てや片付けが大変だと気軽に焚火台を持っていく気にならないのでダメ。外で使う道具なのでラフに扱っても大丈夫と思える頑丈さが欲しいです。この両方を満たすのは部品点数の少ない焚火台だろうとなんとなく思ってました。

逆に重視しなくてもOKとしたのは調理面積です。

私がキャンプに行くのはソロもしくは嫁ちゃんと2人なので大人数で使うことは想定していません。友人と行く場合は各々が焚火台を持ってくればOKと考えています。

焚火台の候補と評価

スノーピーク(snow peak)

まず思いついたのがスノーピークの焚火台です。ブランド名に引っ張られています(笑)

シンプルな構造で組み立て片付け性はOK、強度も十分に思えました。また底が深いので大きな薪をそのまま使っても外にこぼれる心配も無さそうなのでアリだと考えましたがネックは値段です。

値段はAmazonでSサイズで「1万円近い」ですし、Mサイズにすると「1.4万近く」になってしまいます。また重量もSサイズ(1~2人用)で1.8kgと少し重いと感じました(-_-)

類似品でもっと安いものはあると思います。

TokyoCamp

値段も5000円以下と手ごろかつ、重量も965gと持ち運びも楽なので優秀だと思いました。しかし部品が分かれているので組み立てと片付けが気になるところです。レビューを見る限りは問題はなそうですが気になりました。

また使うほどに板の部分が変形していきそうなイメージです。実際は問題なくても頑丈なイメージを持てないなと思いました。

コールマン(Coleman)

私が選んだファイアーディスクです。

組み立て片付けは脚を3か所動かすだけなので速攻で終わります。また灰は灰捨て場に持っていってひっくり返して、あとは水で流すだけでOKなので片付けも簡単です。

構造がシンプルなので頑丈そうなので私の求めるものにピッタリです^^

ということで、私はコールマンのファイアーディスクを購入することにしました。ただ悩ましいのが「ソロ」「普通サイズ」のどちらを選ぶかです。悩ましい(-_-)

どっちにする?

比較

大きさ

重さ

価格

ソロ

約Φ30 x 16 (h) cm

約 620 g(網込み約900g)

4,280円

普通サイズ

約φ45×23(h)cm

約1.6kg

6,980円

軽くて安いのは「ソロ」の方ですので、サイスが小さいことがネックにならなければ「ソロ」を選択するのが賢そうです。しかし直径15㎝の差によって失うものがあるはずです。

サイズの差は何に効く?

薪の置きやすさ

市販の薪のサイズって30㎝が多い気がしますが、ソロの場合は30㎝の薪だと収まりが悪いです。もっと大きい薪を使うと飛び出してしまいます。ちょっと危ない感じがしますね。薪を小さくするなど一工夫が必要そうです。

コールマンのファイアーディスク ソロ
薪置いてみた
皿から浮かしてこの状態です。皿につけると片側が飛び出します。

調理スペース

調理スペースがやっぱり小さいです。大きなステーキ肉を焼いたらそれだけでスペースを使い切ってしまいそうです。

決め手

色々考えた結果「ソロ」にしたんですがその決め手は「軽い方が扱いやすいだろう」です。

組み立て、片付け、頑丈さがOKで最後に考えたのはこれです。自分はクルマで入れないフリーサイトも好きなので気軽に持ち運べる方が嬉しいなと思いました。

ファイアーディスク ソロ を使ってみた感想・評価

組み立てと片付けのしやすさは想像通りGoodです。専用ケースも使いやすくて持ち運びもしやすいです。

コールマンのファイアーディスクのケース
布性のケースです。取ってもあって運びやすいです。

薪の置きにくさも予想通りでした。薪が地面に落ちないように火ばさみでこまめに薪をつつくか、薪を自分で小さくして使う必要アリです。まあどちらにしろ焚火シートはMustですね。

焚火シートの上に置いた状態
火をつけた状態

個人的には満足のいく買い物でしたが、クルマのサイズとお財布に余裕があるのであれば「普通サイズ」を買うべきだと思いました。

まとめ

今回は「コールマンのファイアーディスク ソロ」の購入について書きました。

個人的に非常に満足のいく買い物ができたと思います。実際にキャンプ場で使ってみて焚火って改めていいな!と感じました。

焚火台には種類があるので、ぜひ自分に合うものを選んで焚火を楽しんで頂ければと思います。私もこれから楽しんでいきます。

以上ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました