勾配が緩やかで初心者にもおすすめな「絵下山」登山

山とキャンプ

こんにちは!登山大好きな広島在住の30代サラリーマンです。

今回は絵下山(えげさん)に登山に行ってきたので内容を紹介します。

広島に住んでいる方は遠くの山に見える電波塔が気になっている方がいるのではないでしょうか? あの電波塔のある山が今回紹介する絵下山です。

この絵下山は登山道の勾配が緩い & 登山道が整備されているので登山初心者や子供連れにもおすすめ出来る山となっています。

但し、土砂崩れで一か所だけ気を付けるべき場所があるので注意ください。

スポンサーリンク

絵下山について

標高

標高は593mで、この辺りの山ですと高い方だと思います。

場所について

安芸区矢野町に位置する山です。登山口までは広島市内から車で30分程度、私は矢野霊園の方から登ったのですが駐車場もあるのでクルマでのアクセスは非常に良いです。

楽しさ&難易度

楽しさ:★★☆☆☆

難易度:★☆☆☆☆

個人的な見解ですが、難易度はかなり低いので登山初心者や子供連れにもおススメで、山頂からは見晴らしが非常に良くて気持ちがいいです。但し、登山に慣れている方にはモノ足りないと思いますので楽しさは★×2としています。

あと山頂付近までクルマで行けてしまうのも少し残念ポイント、歩きでしか行けない場所に頑張って行くのが登山の魅力の1つだと思っていますので・・・

スポンサーリンク

登山道について

矢野霊園近くの駐車場から絵下山山頂までは約1時間。景色の良い公園まではさらに15分程度の道のりとなっています。

西日本豪雨の影響で崩れたと思われる場所がありますが、地元の方が整備をしてくれているためかかなり歩きやすいですので初心者でも安心して登れると思います。いつも辛そうにしている妻も息切れすることなく楽に登れたと言っていました。

駐車場

駐車場の雰囲気

駐車場は広めで20台以上止められそうな感じです。霊園の駐車場の先にこの駐車場はあるので要注意です。私は最初間違えました(笑)

登山開始

駐車場から出てすぐの景色
土が表面に出てきています

歩き始めてすぐに広島市近郊の登山では中々お目にかかれない光景に・・・

西日本豪雨の影響でしょうか?

登山開始してから10分程度

先ほどの土の道を越えると木々に囲まれた登山道に到着です。このような雰囲気の道をどんどん登って行きます。そうするとロープの張られたポイントに到着、写真では分かりにくいですが右は崖になっていますので慎重に進みます。

この登山ルート一番の危険ポイント
登山道の途中から見える景色
ここまでで見なかった階段が登場。ここまで来れば山頂までもう少し!

登山開始から約1時間、絵下山の山頂に到着です。眺望はそんなにないので写真は下の山頂を示す看板のみ。

絵下山の山頂

絵下山山頂から公園を目指して

次は眺望を求めて電波塔方面を目指します。絵下山山頂から20分程度で広島市と瀬戸内海を一望できる場所に到着です。

電波塔を目印に進みます
近くで見ると大きいです!

公園に到着! 頑張って歩いてきた身としては駐車場に若干萎えますが景色は本当に良いですよ。

お弁当を持ってクルマで来ているカップルと何組か見かけました。駐車場に若干萎えると言いましたが、クルマで来るのもおススメです。

絵下山公園の駐車場。トイレもあります。
公園からの眺望です

運試し???

公園から少し離れた場所にある展望台に行く途中の広場に四国の石鎚山が見れる場所があります。但し、見れるのは年間10日程度のこと。

さて見えるのか???

見えました! 今年はいいことあるかな?(笑)

この札の裏側に石鎚山を示す写真がありますので参考になります
赤丸で囲ったところが石鎚山らしいです。

この後、同じ道を通って下山完了!

10:30ごろに登山を開始して、下山が完了したのは13:30頃です。歩く時間は2時間程度でしたが山頂付近の景色が良くてゆっくりしてしまいました。登りがいはちょっと少ないかもしれませんが良い山です!

スポンサーリンク

最後に

今回は絵下山の登山道について紹介しました。

非常に登りやすいので初心者や子供連れにもおススメです。また山頂近くの公園までクルマでも行けるのでピクニックもいいですね^^

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました