コードレス扇風機って便利なのでは? うまく使って暑い夏を快適に過ごそう!

日々の生活

最近引っ越したのですが前住んでいた部屋に比べて日当たりが良すぎて暑いです。
エアコンをガンガン効かすと電気代が心配、また効かしても涼しくならない・・・
そこで活用したいのが扇風機です。

けど扇風機って便利だけど、案外場所を取るしコードの抜き差しが必要なため、移動も面倒だったりします。
そこで思ったのが、「コードレス(充電式)の扇風機」があればいいのにと・・・

ちょっと調べてみるとありました。

今回はこのコードレス扇風機を使って涼む方法を考えましたので紹介します。

スポンサーリンク

扇風機が涼しい理由

そもそもなぜ扇風機は涼しいのでしょうか? 風が冷たいから?
じゃあなんで風は涼しく感じるのでしょうか。

人は自分の体温で自分の周囲の空気を温めており、この温まった空気が体の周りにへばりついていると暑く感じてしまいます。
風を浴びると温まった空気が吹き飛ぶので涼しく感じるのです。

そこで扇風機の登場です。風を人に当てることで、人の周りの熱い空気を吹き飛ばしてくれます。

扇風機は人に直接風を当てることを想定しているので、広範囲に柔らかい風を発生させます。

人に当てることを想定しているので、いかに柔らかい風が発生できるかが扇風機のポイントだと思います。

サーキュレーターについて

扇風機と似て非なるものであるサーキュレーターについても述べておきます。

暑い空気は高いところ、逆に冷たい空気は床付近に集まるので同じ部屋でも温度のむらが発生します。
この温度のむらが不快にさせる要因の1つです。

空気を攪拌させて温度のむらをなくすのがサーキュレーターです。
空気のむらをなくすために直線的に強い風を送るのが得意です。

スポンサーリンク

コードレス扇風機の活用方法

コードレス扇風機の特徴は、

  • 配線が無いので配線経路を考える必要が無い。そのため配置の自由度が高い
  • コードの抜き差しが無いので持ち運びが簡単

この特徴を使って、扇風機を自分の移動に合わせて好きな位置に配置が出来ます。

例えば、お風呂に入りたいと思ったときはリビングで使っていた扇風機を手にもってお風呂場に配置、風呂から出たときに涼むことが出来ます。せっかく汗を流したのに汗をかいてしまうのは嫌ですよね?これを防ぐことが出来ます。


またキッチンで作業したいときはキッチン台の上に置いて涼むことも可能です。
また邪魔になったらすぐにどけることが出来ます。

コード付きの扇風機でも出来ないことはないですが、コードの抜き差しが面倒です。

複数台準備すればいいのかもしれませんが、扇風機の必要のない季節は邪魔になってしまいます。
コスト面から言っても複数持つよりは、数を減らした方が賢いでしょう。

スポンサーリンク

コードレス扇風機の価格と選び方

3000円台からありそうです。コード付きの扇風機と大差ないですね。

扇風機選びのポイントは、いかに弱い風を出せるかだと思っています。強い風は涼しいですがうるさくてうっとおしいです。弱い風であれば直接浴びても不快になりにくいです。

そのためにACモーターでなくDCモーターを選びましょう。DCモーターの方が少し値段が高いですが、弱い風を発生させることが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は以下の内容を書きました。

・暑い夏の強い味方である扇風機を上手く活用しましょう。
・自由に持ち運べるコードレス扇風機もおススメです。
・扇風機を選ぶ際は弱い風が出せるかがポイントで、ACモーターよりもDCモーターの方が弱い風を出せるようです。

他にも遮熱カーテン、換気扇、サーキュレーターなどを駆使して、この楽しい夏を快適に過ごしたいですね!
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました